車査定後の返金請求について

 

無料査定後に返金請求を受けるのは、査定時に減点ポイントを見逃した場合です。車の引き渡しが完了し、買取金額を受領したのち差額分の請求を依頼されるのですから大変困ったものです。査定時に判断を見誤った買取業者側の責任だ!と反論したくなる気持ちも十分わかりますが、実際は多くの買取業者で契約約款の文面に返金請求の文言を記載しています。

 

知らなかった事を前提に返金請求を拒否することは難しいのです。実際、数千円の差額であれば負担は少ないかもしれませんが、数十万円単位を既に使ってしまっている様な場合、思わぬ借金を背負う可能性もあります。

 

事前に契約書の内容を確認しておく事はもちろん、あとで返金請求がないようシッカリ現場で査定の依頼を念押ししたり、受け取った金額をすぐ使いわないことなど、個人でできる事は対策するようにしましょう。

 

また、査定に大きく影響するような事故歴や不具合なども後のチェックでわかるようなものは、ごまかさずに伝えるようにすることも大切です。一番良いのは返金請求なしに高く買取査定してもらうことだと思います。一社だけで買取契約を行う前に、複数の業者へ無料査定してもらうことが損をしない賢い方法です。