事故歴は素直に話すとダメ?

 

返金請求のリスクを回避する意味でも伝えるのがベスト

 

車の買取査定では、査定士の資格をもつ専任のプロがチェックすることを考えると、自ら事故歴を言わずともばれてしまう可能性が高いため、あえて積極的に言う必要はないかもしれません。しかし万が一査定士が契約・引き渡しを終えた後に事故歴に気づいた場合、返金請求をされるリスクが生じます。

 

事故歴については正直に伝えた方が不要なトラブルを避けることができるでしょう。事故車である以上、ほとんどの買取業者ではマイナスの要因として捉えられがちですが、買取業者によっては事故車の定義が異なる場合もあり、自分の勝手な思い込みによっては損をする場合もあるのです。

 

事故の衝撃によりフレームの修復や交換が発生した場合にはじめて事故車として認識する業者がほとんどです。修復や交換が発生しない場合は事故車に含まれないことを理解していないと、少しでも安く買取したい業者なら事故車として扱う可能性もでてきます。

 

大きく査定額に影響してくる部分なので、査定中少しでも疑問に思う事があれば遠慮なく説明を求めることをお勧めします。また、事故車であった場合、目安となる買取価格が自分では判断しにくくなります。提示された買取金額が安くても事故歴を考えると納得せざるを得ない心情になりがちです。そういった事を防ぐためにも最低5社以上の見積もりをとり相場価格を確認しておくようにしましょう。