業者オークション系と直販系はどちらの査定額が高いのか

 

需要と供給の関係で常に査定価格は変動しています

 

業者オークション系と直販系はどちらの査定額が高いのか

 

買取業者の販売経路には自社のネットワークで中古車として個人に向けて販売する直販系と、業者にむけて販売するオークション系があります。双方のメリット・デメリットがあるため一概にどちらの査定額が高くなるかは判断できません。

 

査定してもらう時期や、愛車の状態、人気がある車種や色であるかなど、様々な項目によって査定価格が決まるためです。どちらを選択するかはメリットやデメリットを把握した上で、それぞれの買取業者に無料査定を依頼し判断するようにしましょう。

 

直販系の買取業者は、オークション系の販売経路で発生する中間マージンが発生しない分を、個人から買い取る際に査定額に上乗せできます。しかし不人気者の買取時は、買い手がつかず在庫を抱えるリスクがある分、買取時に査定額を低く見積もる可能性がでてきます。

 

その金額の幅は担当する査定士の目利きに左右される部分となります。いっぽう、オークション系の販売経路では買取後すぐに業者向けに競売がかけられるため、在庫を抱えるリスクが減ります。その分を個人の買取価格へ上乗せできるのです。

 

しかし自社のネットワークで直販できない分、中間マージンが発生し店頭で販売する際の価格が高くなると売り手がつかない場合があります。それを見越した上でオークション相場を下げざるを得ない状態になると、個人からの買取査定額も低く見積もる可能性がでてきます。このように市場の需要と供給の関係の中で、常に査定価格の変動が起きているのです。