私が払ったリサイクル代金は取り戻せるのか

 

リサイクル代金の返還に応じない買取業者に注意が必要です

 

車の売却時には、買取業者によってリサイクル券の扱いが異なるので注意が必要です。2005年から自動車リサイクル法に基づき、新車の購入時に支払う事が義務づけられたのがリサイクル券です。リサイクル料は廃棄処分される迄の間、所有者ではなく車に対して付随する仕組みなので、売却後に所有権が移ったとしても次の所有者が支払う義務は発生しません。

 

リサイクル券の参考金額として、普通自動車で平均1〜2万円、軽自動車で平均7千〜1万5千円ほどの金額になります。いざ売却を決め買取業者に査定を依頼する場合は、リサイクル券の代金が査定価格に含まれているか、もしくは別途上乗せされるのかを確認しておく必要がでてきます。

 

このリサイクル券の取り扱いについては、車の買取業界において統一した指標がないため、その都度個人レベルで買取業者へ確認しなければいけません。せっかく購入したリサイクル券も無償で買取業者へゆずってしまえば損をすることになります。もしリサイクル代金が含まれていないようであれば、買取価格の中に追加してもらいたい旨を伝えましょう。廃車を理由にリサイクル代金を返還しないまま、隠れて転売し次の所有者にもリサイクル代金を請求するなど悪質な詐欺ケースも存在します。リサイクル代金の返還に応じない業者は注意しましょう。