1年以上もの長い間放置してる車を売ることはできるのか

 

売ることは可能ですが現状を確認してからでも遅くはありません!

 

1年間放置された車であれば、ご心配されている通りバッテリーが上がった状態は避けられないでしょう。半年以上の長期間放置された場合、発生する症状の中でも1番可能性が高いのが、このバッテリーの問題です。

 

走行時に蓄えられた電気は、例え車が動いていない放置された状態でも、バッテリーを外しておかない限り少しずつ放電します。完全に放電しきってしまうと、充電をうけつけない状態となり新品への交換が必要です。交換時の費用は自分で行うのか業者に依頼するかでも違いますが、およそ8千円〜2万円程が相場のようです。

 

他にも、金属同士の上下・回転運動による摩擦を防ぐための油膜が剥がれてしまうエンジンリスクも考えられるでしょう。どちらにしても、車の売却を考えているなら正確に車の状態を把握しておくことが先決です。

 

自動車保険のロードサービスやJAFに加入している場合は、まずバッテリーを確認してもらいましょう。完全放電していないようであれば、少し充電するだけでエンジンがかかります。ジャンピングスタートと呼ばれるこの方法であれば無料でおこなってもらえるので、急いで交換する前に一度試されることをおすすめします。

 

そのまま不動車として一括査定をうけても、期待する買取価格は見込めないでしょう。まずは現状を知り、必要経費がかかったとしても、動く状態で一括査定を受ける方が結果的にお得になります。