エアコンが壊れたままでも買取りしてくれる業者はいるのか

 

買取りはできますが、エアコンが壊れたのかガスがなくなったのか要確認ですね!

 

車のエアコンも家電製品と同じようにアタリ・ハズレがあるようです。しかし通常は10年程でなにかしら調子の悪さが目立ってきます。車の仕組み上、冷房と暖房によっても原因や対策が異なってきますが、今回は中古で5年程の使用・車内が冷えないということなので、エアコン本体の不良の可能性は低いでしょう。

 

車の冷房は、エアコンガスを燃料として車内を冷やしています。そのエアコンガスが不足すると、冷たい風がでてこない原因となるのです。ボンネットの中にあるコンプレッサー内部を確認すれば、エアコンガスのおおよその残量は確認できますが、車に詳しくないようであればオートバックスなどのカー用品店で確認し、補充をしてもらうと良いでしょう。その場合、5000円程の費用がかかります。

 

しかし、ガス補充後も効きが悪い場合は、ガス漏れやコンプレッサーの不具合が考えられますので、作業内容や負担する金額も大きく変わってきます。エアコン本体の修理となると20万円程かかる可能性が高いでしょう。実際には、故障したままのエアコンでも買取してくれる業者は存在します。

 

そのまま査定してもらう場合でも、修理する場合でも、まずは原因を把握しておくことが大切です。ガス補充のみであればマイナスポイントにはなりませんし、エアコン本体の故障であれば確実にマイナス査定、買取金額にも響いてきます。どの状態で査定してもらうかで、買取金額も大きく変わるので、対応しやすいガス補充から試してみて下さい。