他社から言われた査定額を教えて交渉がうまくいくのか

 

査定額を教えることでそれよりも出せるのか出せないのかの判断材料になります!

 

初めての出張査定ということで買取のプロ相手に一人で対応するのですから、不安に感じるのは当然でしょう。少しでも高く買取して欲しい気持ちが強い分、価格交渉を失敗したら・・と余計に不安を大きくしてしまいます。

 

しかし、相手の立場になって交渉する事で意外とシンプルに交渉が成功します。わざわざ自分から他社の査定額を引き合いに出さなくても、一括査定を申し込んだ時点で、複数の買取業者が出張査定に名乗りを上げる事は当然担当者の頭の中にあるはずです。

 

ライバル会社の査定額を想定しながら自社の査定額を提示してくるでしょう。その時点で、きっとあなたに他社の査定額を確認してくるはずなので、流れにそって正直に伝えてあげましょう。担当者も、1台でも多く出張買取の実績を会社へ持ち帰りたいはずです。

 

他社の査定金額を引き合いに出し、勝負できるか、できないかの攻防戦は、担当者と所属する会社の間にも生じています。他社の査定額を伝えることは、担当者が会社へアピールするための、頑張れる材料を与えることと同じです。その結果が、あなたの査定額に反映されるのであれば、価格交渉は成功と言えるのではないでしょうか。相手の立場で考える事で、自分も損をしない気持ちの良い取引を目指しましょう。